ピアノを弾く整体師からの手紙

音大を卒業した現役整体師が日々の想いを包み隠さず伝えていくブログです。

本当の自分の気持ちを感じる

昨年末辺りから、僕が反射的に感じてしまう自分の感情を無視しないで、ちゃんと向き合っていくという事を始めています。 

 

恥ずかしながら、僕はいつからか覚えていませんが、自分の気持ちは後回しにして今この瞬間正しいと思われる事を選んで行動してきました。

 

それが当たり前になっていて、そして自分の気持ちを後回しにする事に慣れすぎていて、自分が常日頃感じていた感情が本音だと思い込んでいました。

 

本当に僕が感じていた感情は、奥深〜く

で泣き続けていました。

 

早く気がついてよ

 

お願いだから、ウソで表面を固めるのはやめて

 

 

多分長年そのように僕の奥深くの感情君は訴え続けてきたと思います。

 

 

でも僕はその訴えを完全に無視し続けてきました。

 

 

その結果

 

 

自分の本音や気持ちが全く分からなくなっていたのです。

 

 

というよりも

 

 

分からない事がわからなくなっていました。

 

 

本当に困ったものです。

 

 

けど、僕の感情君は粘り強かった。

 

 

 

長年訴え続けてきたら、普通は疲れて嫌になると思うのですが、嫌にならずに、ずっと僕に訴え続けてきてくれました。

 

 

僕が気がつくまで、ずっとずっと諦めずに訴え続けてくれました。

 

 

やっと去年の12月に、色々な方の助けもあり、気がつく事が出来ました。

 

 

僕はウソで塗り固められた人生を長年歩んできた事。

 

実は誰よりも寂しがり屋で、でもそれがカッコ悪いと思っていて、必死に隠してきた事。

 

まぁその寂しがり屋もダダ漏れだったみたいですが、それさえも気がつかないで必死に隠してきました。

 

滑稽ですね。

 

 

あともう1つ

 

 

僕にとってとても大事な事を思い出させてくれました。

 

 

 

それは

 

 

 

音楽が好きな事

 

 

 

特に

 

 

 

ピアノが好きな事

 

 

 

 

小さい頃からやっていたピアノをここ3年くらいまともに弾いてなかったのですが、とある事をきっかけに再び弾くようになりました。

 

 

すると、不思議な事に、僕がずっと忘れていた感情が、溢れるようにドバドバと出てきました。

 

 

 

時には、ピアノを弾きながら、気がついたら涙を流している時もありました。

 

 

実はあれほど好きだったピアノを、僕はもう生きていく上で必要ないと勝手に思って、手放そうとしていたのですが、とんでもないですね。

 

 

 

僕にとってピアノは息をするのと同じくらい日常に必要なんです。

 

 

僕にとってピアノは、生きていく上で絶対に必要なものだったんです。

 

 

 

 

こんなにも大事な事にも気がつかせてもらいました。

 

 

 

 

これから僕は、ずっと忘れていた、いや取り残してきた感情を1つ1つ取り戻していきます。

 

 

 

その取り戻していく過程で、気がついた事や僕自身が感じた事を、文章にしていきたいと思ってます。

 

 

 

あとその感情を感じながらピアノを弾いていきます。

 

 

 

どうなるかはわかりません。

 

 

 

誰の為にやるわけでもありません。

 

 

 

 

僕は僕自身の為に、行動していきます。