ピアノを弾く整体師からの手紙

音大を卒業した現役整体師が日々の想いを包み隠さず伝えていくブログです。

施術をする上で大切なことを雑巾掛けから学びました

雑巾がけを始めて数日が経過しましたが、早速色々と大切な事に気がつけました。

 


まずは予想していたよりも良いことが沢山おきます。

 

身体を動かすから、運動不足解消になりますし、何より身体がスッキリします。

 

家も綺麗になるから気持ちがいい(太陽の光が当たると、床がピカピカするようになりました)

 

身体を動かすし、家の中も綺麗になるから自然と心もすっきりする

 


1つ1つ手間をかけて

時間をかけて

身体を動かして

汗を流して

掃除をする


もしかすると今の時代には、非効率なことかもしれません。


今はルンバみたいな自動で掃除をしてくれる機械を使えば、ボタンをポチッと押せば全部綺麗にしてくれますしね。

 


でも僕は、あえて非効率な事をやってみたい。


一般的には雑巾がけなんて


身体を動かすから疲れる

雑巾を使うから手が汚れる

朝は忙しいから雑巾をかけるほどの時間を作れない

 

これらのようにいくらでもやらない理由がでてきそうですね。




確かにその一面はありますが、ちょっと視点を変えてみてみると。

 

 

身体は疲れるかもしれないけれど、身体は動かさなくても疲れるから(整体師の視点だと動かさない疲労の方が、体には悪い)疲れても身体は動かした方がいいし

雑巾がけで手が汚れても、石鹸で洗えば10秒くらいで綺麗になるし、 手からいい香りがするし

朝は忙しいというのは、もしかすると本当に忙しいのではなくて、あえてき忙しくしている方が、安心なのかもしれない。


まぁこれらは僕の主観が少々混じってますけどね。

 


効率化させる事は大事

 

でも僕はあえて非効率な事をやる


時間と

 

労力と

 

手間をかけて

 

汗を流しながら

 

掃除をする

 

 

膝をついて、床に顔を近づけて雑巾がけをするから

 

普段立っていたら気がつかない汚れやゴミに気がつく。

 

あ、こんなに小さなゴミが沢山あったんだ。

 

あ、こんな所も汚れるんだ。

 

1秒1秒に発見があります。

 

 

と同時に今までいかに自分の足元をきちんとみないで来たかという事に気がつかされます。

 

立っているだけでは中々気がつくことができない沢山のことが床にはありました。

 

膝をついて、顔を床に近づける事で、

 

今まで見えなかったもの

 

いや、今までみようとして来なかったものが見えて来ました。


そしてこれは、僕が普段施術をしている姿勢にも現れると感じました。


僕はお医者さんじゃないけれど、一応整骨院は医療類似行為といって医療の一端を担う仕事をしています。


そんな僕らの仕事のお客さんとなるのは、患者さんです。

 


ここでお客さんと言うのはニュアンスがだいぶ違いますが、わかりやすくするためにあえて使いました。


僕はこの

 

膝をついて、床に顔を近づけるという雑巾掛け

 

という行為は


患者さんに限りなく近い所で寄り添う。


のと同じだと思いました。

 

立って掃除をしていたら、普段見逃してしまうゴミが沢山ある。


これは施術に当てはめると


立っている=偉そうにしている

つまり、自信過剰

自分はすごいんだぞ、偉いんだぞ

 

という態度で患者さんと接するということです。


ですから、患者さんの本当の訴えに気がつけません。


一方雑巾掛けの方は


立っていたら気がつかないゴミに気がつける。


これも施術に当てはめると


膝をついて床に顔を近づける=患者さんに限りなく近い所で寄り添う。


つまり、患者さんの気持ちを想像しながら施術をするということです。

 

そして、近くにいるから、患者さんの本当の訴えに気がつける可能性は高まります。


これは、よくよく考えなくても当たり前な事ですが、施術者は患者さんから

 

『先生』

 

と言われますから、自分は凄いんだと勘違いしがちです。


そんな勘違いをしてしまったら、患者さんの辛さを理解できません。

 


そんな勘違いをせず、自分を律するのにまさか雑巾掛けが役立つとは思いもしませんでした。

 

いつも淡々と

 

いつも謙虚に

 

出来ることを丁寧にやり続ける

 


これは、一生かけて大切にしていきたいものですね。